希望のウェディングドレスを着たい

自分の体に合ったウエディングドレスを探す

式場が決まったらまずは衣装選び

レンタル衣装の落とし穴

どんな式典でも、レンタル衣装は全く珍しいことではありません。
ずっと古くから使ってきた方法です。
日本は海外と比べてパーティーなどを開く習慣がなく、高価な衣装などはレンタルに頼ってきたと言われています。
一生に一度だけだし、価格を抑えるためには、レンタルで充分という考えの人もいると思いますが、式場によっては高くつく場合もあるのです。
式場は必ず提携しているショップがあり、そこから借りる衣装はレンタル代だけなのに対し、外部からだと持込料として代金を支払わなくてはいけないのです。
ですから、提携ショップに理想のドレスが見つかればいいのですが、あまり趣味が合わないところだと、予算オーバーしてしまうこともあるので要注意です。
でも、レンタル料自体を抑えめにする手もあります。
共済組合でのレンタルです。
種類も豊富ですし、全国にある共済組合に加入していれば格安で借りることができます。

着る機会が多いなら購入の方が低価格

ウェディングドレスって、購入したら高そう。
そう思っている方も多いと思いますが、購入にはいくつかの方法があります。
一つ目は、既製品の購入です。
自分の理想に近いものがあれば即決でき、価格も3万円くらいのものからあります。
二つ目は、セミオーダーです。
オーダーとなると、価格が気になりますが、ネットで7万円台のものを見つけました。
この価格で自分にフィットした真新しいドレスを着ることができれば、とってもお得感があります。
三つ目は、フルオーダーです。
体に合っているのはもちろん、自分のデザインしたものを作成することが出来たり、とても愛着が湧きます。
世界で一着しかない自分だけのドレスを、記念にとっておけるのは素敵ですね。
海外挙式後に、日本で披露宴などを行う人や、二次会などで、複数回着る予定がある人は購入を考えてみてもいいかもしれないですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る