希望のウェディングドレスを着たい

自分の体に合ったウエディングドレスを探す

ドレスの見せどころはどこ?

会場や雰囲気も見て考える

洋服やバックを買いに行って、ひとめぼれした事ってありませんか?
ドレスも一緒で、ある程度こうしたいというイメージがあるなら、理想の物も見つけ易く、これにしようと迷わず決めてしまうことでしょう。
ですが、ドレス選びは、自分の個性を出し過ぎてもいけません。
自分優先に考えてしまうと、式場の雰囲気に合わず、せっかくのドレスも台無しになってしまいます。
豪華に飾られた会場に、あっさりとしたドレスは物足りないですし、ガーデンで、長いドレスの裾を引きずるようなことは避けた方がいいでしょう。
ドレスを選ぶときには、必ずパートナーとのバランスや、会場の雰囲気、こじんまりとした会場なら裾捌きを考えたりと、いろいろなことを頭に入れておかないといけません。

マタニティドレスの選び方

マタニティドレスドレスを選ぶにはまず、自分の体型変化や、体調を気にしながら進めないといけません。
しかも、ふつうのドレスと比べて取り扱いが少ないのが現状なので早めに動くことをおすすめします。
サイズは、まだお腹が目立たない時期なら、通常のサイズより1~2サイズ上のもので調整するのが一般的なようです。
6か月頃の少しお腹が大きくなってきた妊婦さんには、マタニティ専用ドレスがいいようです。
マタニティ専用ドレスにはいろいろな工夫が施されていて、お腹周りを優しく包むものや、ストレッチ素材のもの、素材を軽めにしてあるものなどがあるようです。
とは言っても、ドレスを決めた時に、挙式当日、どのくらい体のサイズが変わっているのかなんてわからないと思います。
いざ、当日になって着れないなんてことがないように、必ず事前に何度か試着した方がよさそうです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る