希望のウェディングドレスを着たい

自分の体に合ったウエディングドレスを探す

選択肢豊富なウェディングドレス

ウェディングドレスを着ているモデルさんや、芸能人を見ると、思わず見とれてしまいます。 あんなキュート系のドレスが着てみたい、スレンダーな大人っぽいスタイルも素敵と、自分がどんなドレスが着たいのかよく研究しておくのはとっても大切なことだと思います。

一番好みのウェディングドレスは何か、イメージしてみる

ウェディングドレス選びは、何もかもが初めての経験でどう選んでいいのかまったくわからないという方は、たくさんいると思います。
ドレスにはどんなデザインのものがあるのか、ここでいくつか紹介しましょう。
まずは、細いウエスト部分からスカートが広がったプリンセスラインは、とてもかわいらしく、ふんわりと、優しいイメージになります。
背が低い人は素材を軽めの物にして、重さを強調しないようにするのがいいようです。
マーメイドラインは、誰もが知っている人魚のように、体型を強調するようなフィット感があり、裾が広がっているのが特徴です。
スタイルに自信がある人にはおすすめで、ロングベールを合わせるとドレスとのあいだに、空間ができてとても素敵に見えるのだそうです。
Aラインのメリットは、体型を気にすることなく着られる点です。
ウエスト位置が高く、シンプルなシルエットになるのでどんな雰囲気にもあう人気の高いデザインです。
エンパイアラインは、胸下から切替しがあり、スカートにはボリューム感が少なく、まっすぐなラインが印象的なドレスです。
上品なつくりで軽やかな雰囲気があり、ゆったりドレスがお好みの人にいいでしょう。
他にも、エレガント袖があるものや、パフスリーブ、背中がV字に大きく開いたものなどたくさんの種類があります。
あまりに、選択肢が多くて悩みますね。
ウェディングドレスの試着は平均で10着と言われていますので、いろいろな場所に行きたくさん試着してみるのもいいかもしれません。

ドレスの見せどころはどこ?

式までには痩せなくちゃ、こう意気込んでいる人は少なくありません。 ですが、ダイエットにも限界があります。 そんな時は、自分が着るドレスの見せ所はどこなのか確認しましょう。 デコルテを出すタイプなのか、腕を出すデザインなのか、それによって自分の磨かなければいけない箇所がみえてくるはずです。

式場が決まったらまずは衣装選び

自分にお気に入りのドレスがやっと見つかったのに、予約が入っていて借りることが出来ない。 そんなことになったらとても悲しいですよね。 結婚式がピークなのは春や秋。 自分の結婚式の、6か月から遅くとも4か月前には、衣装を予約できるようにしておきたいものです。

TOPへ戻る